みやてうの【お得な】情報局

マスコミ勤めの社員がお届けする、新聞についてまとめたブログ。

読売新聞の発行部数推移を振り返る(1970年から2020年まで50年間分)


f:id:miyateu:20200515155929p:plain

どうも、みやてうです。

 

各新聞社の新聞発行部数とかをまとめている私ですが「そういえば最近の新聞の部数は分かるけど、昭和の時代の部数とかどうだったんだろうか??」と思い立ちGoogleで調べたところ、まとめているサイトなどがありませんでした。

 

需要があるかは分かりませんが、私なりに勉強したいと考えたので自分で調べてまとめました。

調べてみると、世界の読売新聞といえども、昔は今のような部数が無かったことも分かりました。

 

一応1970年〜2020年までの50年間分(!)を調べて一覧表にしてみましたので、何かの参考になれば幸いです。

 

ちなみに新聞の部数は日本ABC協会という公的機関が公表している数字です。

 

読売新聞の発行部数推移と前年比や上昇率など。1970年〜2020年まで。

 

まずはこの表をご覧ください。

 

     年度 発行部数 前年比 上昇率
1970 5,511,600 - -
1971 5,799,251 287,651 105%
1972 6,079,385 280,134 105%
1973 6,368,717 289,332 105%
1974 6,658,936 290,219 105%
1975 6,690,246 31,310 100%
1976 7,117,631 427,385 106%
1977 7,541,216 423,585 106%
1978 8,144,930 603,714 108%
1979 8,388,315 243,385 103%
1980 8,475,175 86,860 101%
1981 8,740,664 265,489 103%
1982 8,754,620 13,956 100%
1983 8,858,627 104,007 101%
1984 8,754,224 -104,403 99%
1985 8,852,610 98,386 101%
1986 8,968,252 115,642 101%
1987 9,099,692 131,440 101%
1988 9,547,087 447,395 105%
1989 9,671,914 124,827 101%
1990 9,805,480 133,566 101%
1991 9,764,551 -40,929 100%
1992 9,770,867 6,316 100%
1993 9,773,769 2,902 100%
1994 9,976,000 202,231 102%
1995 10,050,000 74,000 101%
1996 10,120,000 70,000 101%
1997 10,185,000 65,000 101%
1998 10,221,000 36,000 100%
1999 10,224,000 3,000 100%
2000 10,224,066 66 100%
2001 10,280,497 56,431 101%
2002 10,180,981 -99,516 99%
2003 10,077,410 -103,571 99%
2004 10,077,410 0 100%
2005 10,082,425 5,015 100%
2006 10,042,075 -40,350 100%
2007 10,032,441 -9,634 100%
2008 10,025,101 -7,340 100%
2009 10,018,117 -6,984 100%
2010 10,016,735 -1,382 100%
2011 9,955,031 -61,704 99%
2012 9,931,332 -23,699 100%
2013 9,875,949 -55,383 99%
2014 9,561,503 -314,446 97%
2015 9,124,189 -437,314 95%
2016 9,017,238 -106,951 99%
2017 8,830,415 -186,823 98%
2018 8,512,674 -317,741 96%
2019 8,277,605 -235,069 97%
2020 7,762,303 -515,302 94%

 

とまぁこんな感じでした。

 

黄色く囲ってあるのは一番ピークの部数です。2001年ですね。

長嶋監督が勇退された年です。(関係ないか笑)

 

こうしてみると、500万部台の頃もあったことが分かります。

その時は朝日新聞の方が部数が多く、読売新聞は2位でした。

 

その後、読売新聞が朝日新聞を抜き、1,000万部まで到達した、という感じですね。

 

ちなみにピーク時だった2001年から、現在の2020年の部数を比較したところ、75.5%という結果でした。

 

つまり約20年間で25%もの部数が減少したことになります。

 

これからどう巻き返していくのか要注目です。

 

では。