みやてうの【お得な】情報局

マスコミ勤めの社員がお届けする、新聞についてまとめたブログ。

日本経済新聞の新聞発行部数推移を50年間分まとめてみた【1970年から2020年】


f:id:miyateu:20200517183208p:plain

どうも、みやてうです。

 

今回は、日本経済新聞の新聞発行部数の推移を1970年から2020年までの50年間分まとめてみました。

 

ビジネスマンの味方である日本経済新聞、いわゆる日経。

 

今でこそ多くの社会人の方が読んでいますが、50年間分調べたところ、昔はそうでもなかったことが分かりました。

 

興味がある方はぜひご覧ください。

 

ちなみに発行部数の数字は日本ABC協会という公的機関が公表している数字となります。

 

日本経済新聞の新聞発行部数推移。1970年から2020年まで。

 

さて、それでは早速一覧表を見てもらいましょう。

 

上昇率というのは前年と比べてどれくらい部数が変動したかという項目です。

 

年度 日本経済新聞 前年比 上昇率
1970 1,282,437 - -
1971 1,366,814 84,377 107%
1972 1,442,574 75,760 106%
1973 1,516,661 74,087 105%
1974 1,569,623 52,962 103%
1975 1,644,735 75,112 105%
1976 1,770,447 125,712 108%
1977 1,740,333 -30,114 98%
1978 1,750,052 9,719 101%
1979 1,805,086 55,034 103%
1980 1,850,297 45,211 103%
1981 1,904,375 54,078 103%
1982 1,916,643 12,268 101%
1983 1,974,449 57,806 103%
1984 2,029,525 55,076 103%
1985 2,126,182 96,657 105%
1986 2,281,326 155,144 107%
1987 2,523,380 242,054 111%
1988 2,713,319 189,939 108%
1989 2,812,236 98,917 104%
1990 2,911,454 99,218 104%
1991 3,000,883 89,429 103%
1992 2,938,133 -62,750 98%
1993 2,916,131 -22,002 99%
1994 2,874,000 -42,131 99%
1995 2,869,000 -5,000 100%
1996 2,931,000 62,000 102%
1997 2,983,000 52,000 102%
1998 3,008,000 25,000 101%
1999 3,021,000 13,000 100%
2000 3,044,214 23,214 101%
2001 3,062,860 18,646 101%
2002 3,073,927 11,067 100%
2003 3,009,253 -64,674 98%
2004 3,017,239 7,986 100%
2005 3,027,385 10,146 100%
2006 3,046,975 19,590 101%
2007 3,040,509 -6,466 100%
2008 3,055,941 15,432 101%
2009 3,052,929 -3,012 100%
2010 3,032,703 -20,226 99%
2011 3,010,558 -22,145 99%
2012 2,985,287 -25,271 99%
2013 2,882,494 -102,793 97%
2014 2,769,732 -112,762 96%
2015 2,736,381 -33,351 99%
2016 2,730,594 -5,787 100%
2017 2,718,263 -12,331 100%
2018 2,435,973 -282,290 90%
2019 2,349,693 -86,280 96%
2020 2,210,304 -139,389 94%

 

と、こんな結果になりました。

 

ピークは2002年の307万部でした。

ちなみにピーク時の部数と2020年現在の部数の差は約86万部減の、比率71.9%という感じです。

 

日経も新聞不況のご多分に漏れず減少傾向ですが、50年くらい前は今よりももっと少ない部数でして、120万部くらいの規模の新聞社でした。

 

これがどれくらいの規模感かというと、読売・朝日の25%くらい、毎日の30%くらい、産経新聞の半分くらいという規模であり、今でこそ産経新聞よりも2倍近くの部数があり、毎日新聞も抜きそうな形ですが、昔は他の新聞社の方が強かったようです。

 

とはいえ、日経は電子版などWEBにも力を入れて展開している企業であり、今後も全国紙の中では生き残っていける新聞社だと思います。

 

経済ニュースはいつになっても需要がありますからね。

 

日経の今後に注目していきたいと思います。

 

では。