みやてうの【お得な】情報局

マスコミ企業で年間2.5億円の売上を稼ぐサラリーマンが作る、世界一つまらないブログ。

社会人ならスーツとシャツはオーダーメイドにしろ。5つのメリット、3つのデメリット


f:id:miyateu:20181124144610j:plain
どうも、みやてう@みやてう)です。

 

今日は、メンズ社会人、特に若いサラリーマンの方に向けた記事となります。 

 

 

今回の内容はタイトルの通り、社会人ならスーツやシャツはオーダーメイドで作るべき、ということになります。

 

もしかしてまだ既製品のスーツやシャツを使っている方はいませんよね??

(この記事はアフィリエイトではありません。純粋な気持ちで書いています)

 

ビジネスマンなら、基本的に週5日はスーツ姿だと思いますので、そこにお金をかけるのは効率的だと思いませんか??

 

みやてうは基本的にもう既製品は使わず、全てオーダーメイドにしています。

(ベルトや下着はもちろん安物ですヨ!!)

 

とりあえず社会人がオーダーメイドスーツにすべきメリットとデメリットを書きましたので、ご自身でご判断してみてください。

 

 

メリット

まずは、5つのメリットです。

 

①モテる

オーダーメイドなのでサイズがジャストサイズになります。

 

既製品は大まかなサイズで合わせるだけなので、少しだけきつい、ブカブカ、ということが出てきやすいです。

 

ジャストサイズのスーツ姿って、他人から見るとかなり素敵でカッコ良く見えます。

 

合コンやデートで着ていくと大活躍間違い無し。

 

この時点で他のメンズと比べて勝利しています。

 

②柄や形を選べるので、個性を出せる

既製品はそのメーカーがデザインした柄や形を購入しますよね。

 

オーダーメイドなら、生地も含めてストライプやボタンの色、裏地、ボタンの数、刺繍、シャツの袖の形など多岐に渡って自分で決めることができます。

 

とってもファッション性を高くすることができます。

 

唯一無二の、世界で一つだけのスーツをあなたは持つことができるようになるのです。

 

③オーダーメイドで作ったという経験ができる

昭和ならいざ知らず、平成が終わろうとする今、わざわざオーダーメイドでスーツを作ろうとする方は多くはありません。

 

なんせアオキや青山、イオンなどで安く既製品が手に入りますからね〜。

 

逆に、ここであなたがオーダーメイドでスーツやシャツを購入したら、それは貴重な経験になると思いませんか??

 

他の人が経験していないことは、他の人からすると面白い話になり得ます。

 

ビジネスの場で話せますよ。

 

④体型維持に努めるようになる

先ほど申し上げた通り、オーダーメイドなので基本的にはジャストサイズになります。ということは、一番カッコ良い状態ということになります。

 

誰しもが、せっかく購入したオーダーメイドものなので長く着こなしたいというのが本音だと思います。

 

必然的に、急激に太ったりするような行動が減るようになると思います。

 

体型維持を本能的に求めるようになるはずです。

 

⑤他人から仕事ができるように見えるようになる

僕としては、これが一番のメリットだと考えています。

 

オーダーメイドのスリーピースなんて着ようものなら、それは側から見ていてとっても仕事がデキそうな男に見えます。

 

実際、仕事ができる先輩や上司でダボダボなスーツやダサいスーツを着ている人はいますか??

 

おそらく、ほとんどいないはずです。

 

着ている物はその人を映す鏡です。

 

“この人仕事ができそう”と思わせることも、ビジネスマンとしてのスキルだと思います。

 

オーダーメイド物を持っているだけで、それを簡単に達成できるのです。

 

そう考えたら、とってもコスパが良いと思いませんか??

 

デメリット

メリットだけではありません。何事にもデメリットはあります。

思いつく限りのデメリットを書きました。

 

①高い

まぁ、純粋に高いです。

 

安い既製品のスーツよりは、1万円以上は高いですね。

 

ただ、最近はシンプルオーダーで比較的手頃にオーダーメイドを作れる店舗が出てきました。

 

シンプルオーダーといえども、生地から選べまし、仕上がりはカッコいいです。

 

お金の余裕がない若い社会人の方は、そういった所で仕立てるのはかなりアリだと思います。

 

ちなみに、オーダーメイドシャツだと1着8,000円ほどで作ることができます。

 

スーツと比べると業者も手頃に作れるのでしょうね。

 

シャツも既製品よりもオーダーメイドの方が絶対に良いです。

(特に首が太い、手が長い、短いといった様な方々)

 

普通にシャツを買っても5,000円ほどはするので、スーツを買うお金が無い方は、とりあえずシャツだけでもオーダーメイドにするのもアリだと思います。

 

②太った、あるいは痩せた時に着れなくなる

基本的に体型維持に努める場合が多いと思いますが、それでも暴飲暴食や数多くの飲み会によって体型が変化した場合、オーダーメイド物は着辛くなります。

 

これは明確なデメリットですね。

 

体型維持に努めてください、としか言えないw

 

特にスリーピース物だと、太ったらベストが入らなくなります。

(体験済み)

 

この時はとてもショックでした・・・

 

③替えが無い

オーダーメイドなので、唯一無二の世界に一つだけの物です。

 

ジャケットやスラックスを交換しようとしても、店舗に在庫などはありません。

 

基本的に使い切りのものになってしまいます。

 

ちなみに、これまで何着もオーダーメイドでスーツを作ってきたみやてうとしては、スラックスは2着作ることをオススメします。

 

普通は1着なので、追加した分お金はかかってしまいます。

 

しかし、ビジネスマンあるあるの、スラックスのお尻が破けた時や、汚れた時に替えの物があると安心です。

 

基本的にジャケットよりもスラックスの方がダメージ蓄積しやすいですしね。

 

オーダーメイドでスーツを作る時は是非参考にして見てください。

 

まとめ

いかがでしたか??

 

僕は一度オーダーメイドでスーツを作ってからその着心地の良さや他人からの眼差しにハマってしまい、これまで何着もスーツやワイシャツをオーダーメイドで作ってきてしまいましたが、後悔したことはなく、それで良かったと感じています。

 

この記事がどなたかのお役に立てれば幸いです。

 

ちなみに転勤族の方は、全国チェーンのオーダーメイド屋さんで仕立てた方が良いと思います。

(サイズを保存しておいてくれるので、また作る時に時間の短縮に繋がる)

 

では。