みやてうの【お得な】情報局

マスコミ企業で年間2.5億円の売上を稼ぐサラリーマンが作る、世界一つまらないブログ。

今日からできる、セルフ働き方改革で残業を無くして定時で帰る5つの方法


f:id:miyateu:20190102193446p:plain
どうも、マスコミブロガーのみやてう(@みやてう)です。

 

あけましておめでとうございます。(今日は2019年1月4日ですが・・・)

 

今日、平成最後の初仕事の方は多いんじゃないでしょうか。

 

まさか、今日も初仕事なのに夜中まで残業する人はいませんよね??

 

・・・けど実際に残業しないといけない方もいらっしゃいますよね〜。

正月の間に溜まった仕事を片付けないといけないし・・・

 

僕は社会人6年目ですが、最初の約3年間は残業ばっかりでした。

 

転機は転勤した4年目。仕事のやり方を見直して、また仕事ができない先輩や上司を反面教師にして色々とセルフ働き方改革を実践しました。

 

その結果、この2年間はほとんど残業していません。

また、休日も年間90日くらいだったのが、今は年間125日は休めています。

(職場平均は92日くらいです)

 

年が変わった2019年、今年からノー残業ライフを始めませんか??

 

今日からできる、定時で帰る方法①「固定電話の着信には出ない」

f:id:miyateu:20181124144542j:plain

社会人からすると、「え?電話に出ないなんて社会人失格じゃん」と思われるかもしれません。

実際に、固定電話への電話は取引先からの電話の場合が多いですよね。

 

ただ、実際に電話に出ていると、①電話で会話する時間5分プラス、その要件を処理するために10分作業しなければならない。とみやてうは考えています。

 

となると、電話に出るだけで15分あなたの貴重な時間を損失しているわけです。

 

これは問題です。僕はそれに気づいてから、電話にほとんど出なくなりました。

 

おそらく、ほとんどの会社では内勤の事務の方とかがいませんか??

 

本当は事務の方が電話に出るべきで、外勤の営業マンは電話に出る必要は全くないと思います。

 

それが最初の社員教育で「新人や若い人は電話に出ろ」と意味不明な教育を受けるから電話に出てしまうわけで・・・

 

ただでさえ営業マンは携帯電話に取引先からバンバン電話がかかってきます。

 

固定電話まで取っていたら就業時間内に帰るなんて夢のまた夢。

 

今すぐ電話に出るのを辞めましょう。

 

大丈夫。他の人が取ってくれますし、それで評価が下がることはありません。

 

電話を取った取っていないというしょうもないことで企業は人材を評価しません。

 

あくまで会社の売り上げに貢献した優秀な人材を評価するのですから。

 

今日からできる、定時で帰る方法②「仕事はなるべく他の人にやらせる。細かい仕事は特に。」

f:id:miyateu:20181124144610j:plain

あなたはなんでも仕事を引き受けていませんか?

あるいは、「この仕事は自分がやらなければならない」と固定観念にとらわれていませんか??

 

仕事は適材適所で回すべきです。

 

例えば、販促のキャンペーンをやるからイラストレーターでデザインを考えないといけないとき。イラストレーターが上手な他の社員の方や下請けに、デザイン案を伝えて作らせましょう。

 

例えば、取引先にファックスで書類を送信するとき、それも事務の方や他の人にやってもらいましょう。

 

とにかく、アウトソーシング化を進めましょう。

絶対にあなたがやらないといけない仕事以外は、他の人にやってもらっても、クオリティは下がりません(逆に上がるかも)

 

僕の先輩で、なんでも仕事を引き受けて勝手に自分の仕事を増やしている先輩がいます。

 

その先輩は毎日23時頃まで仕事をしています。

 

よく、「みやてう君、〇〇の仕事やっといたからね」と、頼んでもいないのに勝手にやってくれていますが、こういうことをやっていたら定時では絶対に帰れません。

 

また、「ラッキー」と思うだけで、先輩に対して感謝の気持ちなど一切感じません。

 

もし同様のことを行なっている方がいたら、すぐに辞めましょう。

 

今日からできる、定時で帰る方法③「今日やるべき仕事に優先順位を付け、必要な仕事だけ片付ける」

f:id:miyateu:20181124144605j:plain

労働時間は8時間だけ。できる仕事量は限られています。

 

今日あなたの目の前にある仕事は、今日中に終えれますか??

 

いえ、定時までに終えれますか??

 

「これは後回しにできない」という仕事から優先順位をつけて、消化してきましょう。

 

優先順位が高くない仕事を先にやっていると、仕事が終わっているようで終わらなくなります。

 

また、そういう行動は上司もよく見ています。

 

優先順位をつけられない人は出世しません。

 

管理職になるためには優先順位をつけてマネジメントをする必要がありますから、今のうちにこういったスキルを身につけれて一石二鳥だと思います。

 

今日からできる、定時で帰る方法④「定時になって、仕事が残っていても、明日やれるものなら残して帰る」

f:id:miyateu:20190102202909j:plain

さて、優先順位を付けて仕事をした。しかし、定時になってもまだ仕事は残っている。

 

よし、帰宅しましょう。

 

「え、まだ仕事が残っているのに帰ってもいいの?」「なんかやりきっていない感覚が嫌だ」「結局明日やらないといけないのに・・・」

 

色々な苦情の声が聞こえてきますが、人間の集中力はそんなに長くありません。

 

朝から優先順位を付けて仕事をしてきて、あなたの集中力は限界のはず。

 

逆に、明日の朝はリフレッシュしていて頭もスッキリ。

 

「朝の時間は昼間の3倍の作業効率がある」と誰か偉い人も言っていましたが、その通りだと思います。

 

優先順位を付けて仕事をしていれば、定時の時間帯には絶対に今日やらなければならない仕事は終わっているはず。

 

さっさと帰りましょう。定時になった瞬間に。

 

今日からできる、定時で帰る方法⑤「紙で回すものや、手書きで書く書類はなるべく電子化する」

f:id:miyateu:20190102150629p:plainとにかく日本企業は紙が好きですよね〜。

 

これ、僕が勤めている企業ももちろんのこと、日本の企業や役場はほとんど該当するんじゃないでしょうか。

 

「手書きの方が気持ちが伝わる!!」と就活の時にエントリーシートを書く時言われたなぁ。当時は盲信的に信じていたけど、そんなのムダムダ。

 

僕の職場では、連絡事項を紙で印刷した回覧物で回していましたが、

①印刷する手間②印刷用紙の無駄(結局捨てるのに)③外出先で見ることができない

④同時に回覧することができないため、回覧に時間がかかる

上記の理由から、上司に直訴して電子化してもらい、メールやラインでやり取りするようになりました。

一部の取引先ともそのようなやり方に変更しています。

 

他にも、メモも手書きではなくワードでサクッと書いて机に置いておくのが早いです。

(むしろ、ラインで伝えれば良い気もする)

 

とにかく、もう時代は平成が終わろうとしているのに、働き方は昭和のままなことが多くありませんか??

 

昭和育ちの方が管理職なので、すぐに色々と改善できるとは言えませんが、気付いたら自分で上司に提案して、仕組みを変えてもらいましょう。

 

結果的に、自分の働く時間の短縮に繋がることが多いと思います。

 

こんなにネットが普及して、電子技術が発達しているのに利用しない手はありませんよ!

 

まとめ

f:id:miyateu:20190102202550j:plain

 

いかがでしたか??

 

電通の事件があって以降、今は多くの企業で、残業や休日出勤を減らす方向にあると思います。

 

それは企業側にもメリットがあり、実際に残業代の抑制(=人件費の圧縮)や、人材募集の際の大きな魅力になること(今の若い人はホワイト企業志向が多い)から、管理職の評価項目にも取り入れている企業は多いと思います。

 

なので、あなたが早く帰宅し、休日にじっくりと余暇を過ごすことは、上司の人にとってそれだけで評価したくなることなのです。

 

「残業残業残業、休日出勤までして会社に尽くすぞ!!」という猛烈社員は、評価する人もいるかもしれませんが、社会的にはもう時代遅れの人間、考え方です。

実際そんな働き方は体が持ちません。

 

今日からみやてうと一緒に、ノー残業社会人ライフを満喫しませんか??

ブログやyoutube制作の時間に当てて副業で稼いだ方がよっぽど堅実かと思います。

 

ぜひ上記の5項目、実践してみてくださいね☆

 

※ちなみに、別記事にて残業を無くすことによって生まれるメリットをまとめています。

www.otokunamiyateu.com

 

※外勤の営業マンなら、今すぐにでも残業時間を減らせるよ。

www.otokunamiyateu.com

 

※残業を無くしたいのなら、習慣の形成化も始めよう。誰でもできる3つのメソッドをメリット付きで解説するよ。

www.otokunamiyateu.com

 

以上、みやてう(@みやてう)でした。

 

では。