みやてうの【お得な】情報局

マスコミ企業で年間2.5億円の売上を稼ぐサラリーマンが作る、世界一つまらないブログ。

ニューヨークに行くなら絶対にシティ・パスを購入する3つの理由


f:id:miyateu:20181103181820j:plain

どうも、みやてう(@みやてう)です。

今回はニューヨークに旅行される方向けの、絶対にニューヨーク旅行をするにあたって必要不可欠な“シティ・パス”を購入するメリットをご紹介します。

 

シティ・パスを購入する3つのメリット 

 

オススメ理由:その① まずは圧倒的に安くなる。

 

まずはとにもかくにもこれ。普通に観光した時よりも、圧倒的に安く観光することができます。

 

シティ・パスの該当観光地はこちらの6箇所です。

①メトロポリタン美術館

②アメリカ自然史博物館

③エンパイアステートビル

④トップオブザロック or  グッゲンハイム美術館

⑤自由の女神像 or サークルライン観光クルーズ

⑥9.11メモリアルミュージアム or 海上航空宇宙博物館

 

④〜⑥は、どちらか片方を観光することができます。

 

みやてうはトップオブザロックと、自由の女神像、9.11メモリアルミュージアムを選択しました。ちなみに、みやてう的にはこの選択で良かったと思っています。

 

ちなみに、シティ・パスの値段は、大人が126ドル子供(6歳〜17歳)が104ドルです。(2018年11月1日現在)

 

↓シティ・パスの公式ホームページ

www.citypass.com

 

公式ページにも掲載されていますが、組み合わせによっては通常よりも42%も安く購入することができます。

 

ちなみにみやてうの組み合わせだと観光するために通常179.5ドルかかりますので、53.5ドルも安く購入することができました。

 

よりお得な組み合わせを求められる方は、こちらのサイトに見やすくまとめられていましたヨ。↓

http://ニューヨークシティパス.net

 

お得ですよね〜。みやてうは浮いた53.5ドルをお土産代に転用しましたヨ。

 

そもそもニューヨークって、皆様がご存知の様に、物価がめちゃくちゃ高いです。

ホテルの予約の時にビックリしませんでしたか??笑

 

みやてうはホテルの値段の高さに腰を抜かしそうになりました笑

ゲストハウスでも1万円以上しますからね〜。半端ないっす。笑

 

食事もハンバーガーが1,500円くらいするのは普通です。

 

とにかく、日本よりも物価が高い都市であるニューヨークを“お得に”観光するためには、こういった観光経費で費用をお得に抑えられるところは抑えちゃいましょう

 

オススメ理由:その② QRコードで入場できるので、余計なチケットを持つ必要が無い。

 

シティ・パスはQRコード化できるので、紙で何かを持つ必要が無く、スマホ一つあれば余裕で観光できます。

 

↓実際のシティ・パスのQRコード画面。

f:id:miyateu:20181103185753j:plain

 

実際これがあれば、並んでチケットを買う必要も無いですし、場所によってはサクッと入場することができます。

 

個人的には、メトロポリタン美術館に行く時、シティ・パス買っておいて良かったと思いましたね〜。

全く並ばずサクッと入れました。

 

みやてうは英語が話せないので、チケットを購入するだけでも至難の技です。

そういう意味ではかなり助かりました笑

 

メトロポリタン美術館の入り口 ↓

f:id:miyateu:20181103190014j:plain

 

なぜか日本の武士たちもいました笑 ↓

f:id:miyateu:20181103190013j:plain

オススメ理由:その③ 観光する場所が明確になるので、ダラダラせずに旅行を満喫できる。

 

みやてう的には、これはかなり大きなメリットだと思います。

 

旅行って時間が限られているので、事前にスケジュールを立てて行動することが大事だと思いますが、シティ・パスを購入しておくことで、スケジュールが明確になり、それに伴って、食事する場所が宿泊するホテルの確立もしやすくなります。

 

まとめと注意事項

いかがでしたか?

 

シティ・パスの対象箇所はニューヨークの名観光スポットばかり。

一度は訪れてみたい場所ばかりなので、シティ・パスを使ってお得に観光しちゃいましょう♪

 

あ、注意事項としては、シティ・パスの有効期限は9日間なので、それを超える日数滞在する場合は要注意なのと、6箇所全部回ろうと思うと、4日間くらいは滞在できないとゆっくり観光できません

滞在日数が短い方は、シティ・パスではなくニューヨーク・パスの方が良いかもしれません。

 

では、楽しいニューヨーク旅行を満喫してくださいね〜。

 

(一応)シティ・パスの公式サイト ↓

www.citypass.com